日本の薬事法と通販による避妊薬の購入

アフターピルや低用量ピルといった避妊薬はお店などで購入することができません。なぜなら日本には薬事法という法律でピルをお医者さんの処方箋なしに販売してはいけないという理由からお店などでも販売はされていないのです。

そこで病院で処方してもらうにしろ、病院の待ち時間で妊娠していないかという不安に駆られてしまったり、病院が苦手という方も多くいるでしょう。

診察を受けた際にもいろいろ避妊薬をいる理由を聞かれたり問診をしたりと手間も時間も掛かってしまいます。そして病院で処方されるアフターピルは保険が適用されませんので高くつきます。病院で処方されるのは1回分予備で備えておくこともできません。

また、低用量ピルの場合も避妊で使う場合は保険が使えませんし、病院によっては避妊目的でのピルといった避妊薬は処方してくれないところもあります。確かに日本の法律は私たち国民を守るためにありますが、時に不自由を感じてしまいますよね。

しかし、このようなピルはお医者さんの処方箋がなくても通販で購入することができます。

言葉だけを見るとお医者さんの処方箋なしに手に入るのは違法ではないのかと思う方もいらっしゃると思いますが、じつはピル等の避妊薬は海外の製品なので個人輸入という形で通販を使って購入し自身が使用する分には違法ではないのです。

ですが、第3者に転売したり誰かに分け与えたりするのは違法ですので注意が必要です。
薬事法を簡単に説明しますとお医者さんが「お薬の副作用にも責任を持ちます。」という法律です。

お薬の飲み合わせや、患者に合った治療薬の判断を下し処方するのがお医者さんの役目でもあるのです。

しかし、海外の商品に関して通販で購入することは個人で輸入したことになるため自己責任での服用は違法ではないのです。

ですが、薬の成分上、個人輸入が認められていないお薬もありサイトや国でも管理がされている為、安全な通販サイトではそのような危険なお薬は取り扱っていません。お医者さんの処方箋がないからといって決して避妊薬自体が危険な薬ではないのです。

コメントは受け付けていません。