日本では馴染みのないアフターピル

以前夫との避妊に失敗してしまいアフターピルを使用したことがあります。私は目立った副作用もなく体調に変化も見られませんでしたが友人などにアフターピルのことを話すとい印象がないようで、まわりの人たちは避妊にコンドームを多く使用しています。

確かにコンドームは直接着用することの安心感や身近に手に入る避妊具なので広く使われていると思います。しかしアフターピルは体の中で作用するため目に見えないことで避妊ができているのか不安になるところもあるでしょう。

それに日本ではコンドーム以外の避妊があまり浸透していないのも事実でアフターピルを使用したことのある経験者が少ないということで情報収集が難しいとも言えます。やはりまわりから意見や実際使ってみての感想、安全性を知りたいと思う女性がほとんどではないでしょうか。

日本でも医療の現場でピルが使われています。初めて日本でピルが許可されたのが1999年の頃でそれからしばらくして2011年に初めてノルレボ錠というアフターピルが日本で許可が下り避妊を望む女性に処方されてきました。

しかし病院に避妊を望むために受診する女性はあまり多くはないでしょう。なぜなら避妊は男性がコンドームも着用してくれるものと考える女性が多いことやアフターピルの存在を知らない女性がいること、病院でアフターピルを処方してもらえることを知らない女性が多くいるからではないでしょうか。

ピル自体への知識も少ないため知っていても服用するのが怖いと感じてしまう人も中にはいるのではないでしょうか。

しかし外国では性行為時の避妊は女性が積極的にするためアフターピルの経験者や低用量ピルの経験者が多く存在しているのです。
そして私も1度アフターピルを服用したことがある身です。私は病院で処方してもらいました。

最初は避妊ができているか不安でしたが、しっかりと避妊をしてくれたので次は通販を利用してもしもの時に備えています。世界でも使われていると知ったので安心して服用できます。

コメントは受け付けていません。