女性にとっての避妊と中絶の大変さについて

心から愛する人と結ばれることは、とても幸せなことと思います。
愛のあるセックスは、とても心をも豊かにしてくれるし、きれいな女性にもなることができます。

しかし、どんなに愛し合っている人でも、やはりキチンとしておきたいのが避妊です。

思わぬことで妊娠した時に、家庭環境や状況から、中絶しなければならないとなると、
とても悲しく辛いことです。「できちゃった婚は嫌だ。」
と思う人なら、なおさら避妊することはとても大切なことです。

中絶するのは、世間体を考えて行うこともあるでしょうし、経済的なこともあるかもしれません。
しかし、中絶することは、女性の身体に大きな負担をかけることになります。

産婦人科でも、毎日のように中絶の手術をお願いしに来るカップルが訪れていることを耳にします。

中には、若い学生の人や、人には言えない男女の関係から中絶を望む人も少なくありません。
人それぞれの理由や思いがあるために、良し悪しは言えませんが、やはり普段からの避妊を意識しておかなければ中絶と言う悲しい選択を選ばなければなりません。

避妊するには色々な方法があります。

コンドームを使う避妊が最もポピュラーですが、これは男性パートナーの理解と協力が必要です。
問題なく使用できれば避妊率は限りなく100%に近いので、とても安全な方法と言えるでしょう。
これで妊娠をしてしまい、中絶を余儀なくされたというのは、レアケースとも言えます。
なかにはコンドームがやぶれてしまったり、外れてしまったというハプニングもあります。
さらに感触や装着感を嫌がる男性も結構、多いのです。

そのような時に使うのはピル。

これも避妊率がとても高いので、多くの女性が使っています。
最近は生理不順で悩んでいる人も利用していますが、やはり目的は避妊。
中絶を避けるためにも、必要なことでしょう。

しかし、ピルは毎日飲み続ける必要があるのですが、血栓になるリスクもあり、
一部の人では敬遠されることもあります。

やはり男性のサポートがあるのが、本当なのかもしれません。

しかし最悪の場合でも、どうしても中絶が嫌だという人が使うのが、アフターピルです。
これは毎日飲むピルとは、性質が大きく異なっています。
普段のピルは低用量ピルと呼ばれていますが、アフターピルは作用が強烈で半ば強引に生理を起こして妊娠を防ぐのです。

中絶よりはマシと言えるかもしれませんが、女性の人の身体に大きな負担をかけてしまうのです。
吐き気や腹痛といった症状が出てきてもおかしくないくらいです。

しかも時間的な制約があり、セックス後72時間以内に飲まないと効果がありません。

理想は24時間以内とされているのですが、それでも避妊率は7割程度。
72時間だと6割にも低下するので、非常手段とも言えるのです。
アフターピルでも女性に負担はかかってしまいますが、中絶は精神的にも肉体的にも数倍苦しくなることは間違いありません。

このようなことを考えると、
やはり普段からの避妊がどれだけ大切なのかということが分かってくるかと思います。
無事、結婚しても初めは2人だけの生活をエンジョイして、
キチンとした家族計画を立てるカップルもいます。

このような2人であれば、避妊もパートナーの理解も得やすいでしょうし、
理想的な子作りもできることでしょう。

しかし、交際し始めたばかりのカップルや人の目を気にしなければならない恋を陥っている人は、どうしても中絶という選択肢が付きまとうことが少なくありません。
中には、シングルでも出産したいと思う女性も増えていますが、まだまだ産婦人科にかけこむ人も多いのです。

しかし忘れてはならないのは、中絶もできるタイミングがあると言うということです。

妊娠期であまりにも期間が経ちすぎると、それ自体できないからです。
それだけ母体に負担をかけてしまうので、日頃からの避妊を真剣に2人で考えておくことです。

コメントは受け付けていません。